有機スプラウトが、ドイツのO104食中毒の原因だった | FOOCOM.NET

『スプラウトは、温度が高め、湿度も高い室内で大量栽培する。多くの細菌にとって増えやすい環境だ。しかも、消費者が生で食べることがほとんど。泥が付いていないのできれいに見えて、十分に洗わない人も多いだろう。何らかの形で栽培の場に有害微生物が入ってしまうと、食中毒のリスクはかなり高いと言わざるを得ない。』
ドイツで発生したO104食中毒の感染源と思われるスプラウド(新芽野菜)に関する現状のまとめ。種子の段階で汚染されていた可能性が指摘されています。
確かにモヤシとかは泥ついてないのでキレイに見えてしまいますね。盲点でした

有機スプラウトが、ドイツのO104食中毒の原因だった | FOOCOM.NETwww.foocom.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です